WWW.ATA2003.COM
LASTUPDATE: 2017/11/11

ATA LOGO Welcome to  ATA2003

Automobile Service Specialist


Showroom 1

Dressup

TVキャンセラー 

日本ではアフターパーツとしてTVキャンセラー商品が販売されています。

日本の法律では、車載TVを走行中に映る様にしても違法ではありません。(ディーラーでは禁止の営業所も多い)
関わったセールスはクビとか。(こちらの方が違法?)
道路交通法では、運転者のTV画面の注視、ナビ画面の注視は禁止されています。
エアコン画面や音楽の操作と同じ扱いです。

ディーラーやメーカーにより、推奨する会社もあれば、禁止してるけどセールスが内緒でとか、絶対禁止とか、バラバラです。(なぜ、顧客に任せられないのか?)
同乗者(子供を含め)の為の走行中のTV、DVD視聴の大切さは子育て経験した人なら理解出来ると思います。

逆にハンズフリー電話は違法になる場合が多いですが、普通に使えますね
現時点での日本の状況です。


今回、ほぼ新車のエアコンユニットの故障原因が、TVキャンセラーが原因で故障したので、保証無しとの事がありました。
修理代請求額 約¥13万

壊れた部品の回収調査もせず、何の証拠も根拠も無くTVキャンセラーの責任にして高額の修理代を取付店に弁償させるメーカーがあるとすれば、世のアフターパーツ産業の存続はありません。


★このメーカーの車を買う時に、奥様やご家族に走行中にTVやDVD、一切見れないけどいい?と相談するしかないですね。

長距離ドライブ、キツイと思います、最近これで候補車両の変更増えてます。(残念)





photo

※※※※ 自動車メーカーの代わりに検査し報告が来ました。※※※※

不具合の原因が判明しました。

プリント基板の不良

基板のピア(電気を通す貫通穴)の電流漏れでした。

キーマトリックス6本の出力・6本の入力の組み合わせ(36接点のモニター)内

1本の出力プリントパターン中にあるピアから電流漏れで電圧が下がり複数のスイッチが押されたような状態になっていました。

写真等整理し報告いたします。

※※※※※※※※※※


そこには、詳細なテストと画像、動画、そのピアという穴を通さずに配線すると、不具合が解決する明らかな検査結果が映されています。
故障は、正に、複数のスイッチが押されたような現象で、画面がコロコロと変わっていました。
精密なユニット、完璧な故障個所の診断。
実は、小さい会社の技術者ほど凄かったりする典型。

これで弊社では3回目です。
故障がTVキャンセラーが原因と言われて取り外しても、それが原因だった事が一度も無いです。
今回の様に、無実で高額な弁償したのは初めてです。

まして、自動車メーカーは、この欠陥を学んで今後の対策すら可能な重要な検査結果であります。
余計な保証修理による費用が削減可能です。


この検査結果に関しては、日本の経済を担う産業の一つであるアフターパーツ業界の為にここに提示開示しておきます。

詳しい検査の画像、動画に関しては、許可が下り次第、開示、提供致します。

2017年11月11日



福島県福島市八島町 4-22(岩谷下交差点そば)