WWW.ATA2003.COM
LASTUPDATE: 2017/06/13

ATA LOGO Welcome to  ATA2003

Automobile Service Specialist


Showroom 1

Maintenace

メーカー別メンテナンス VOLVO編

photoVOLVOのメンテナンス/修理にも当然、テスターは必要不可欠。
1999モデルまでのシステムテスター、2000年以降のVCT2000、いずれもディーラー診断機です。
2006年以降の診断用にVIDA DiCE が必要です。

●整備の問合せは、メールかFAXでお願いします。住所/氏名/電話番号/車両データが無い場合はお答え出来ませんのでご了承ください。

photo●エンジンマウント

 VOLVO編 第一号はマウントから。
V70からはブッシュだけでなくてステーも付いてきます。
その分高いですが、工賃は減りました。
切れると、エンジンが前後に動きます。

★切れない対策品があります!!。

photo●エンジンマウントブッシュ

 こちらは、850のエンジンマウントブッシュ。
私的にはV70もこの方式で行っていただきたかったです。
工賃は少々かかりますが安く済みます。


photo●イグニッションスイッチ

 これが壊れると、いろいろな現象が起きます。
VW/AUDIも弱い所だなーー、見た目は頑丈そうなのに。
比較的、故障が少ないボルボだし、部品も安いので許せます。
あとは弊社にお任せ!。

photo●ウォーターポンプ

 消耗品でおなじみ。
ここに載ってるからよく壊れるって訳ではなくて、よく見ると写ってますがボルボのウォーターポンプはアイシン精機製なのです!!。
アイシン精機と言えば、解りやすく言えばトヨタの部品作ってる会社です。
電装品もデンソーだし、国産車の良いとこ取りですね。
壊れにくい理由です。

photo●リザーバータンク

 冷却水の補助タンク。
圧力がかかるタンクです、エンジンが熱い時には開けないで下さい。
高圧にさらされて、キャップがダメになったり、タンクが割れたり。
樹脂製ですから、お許しを。
部品代はリーズナブル!、交換するととても綺麗で見てる私は気分いいです。

photo●配線

 配線って・・・と思うかもしれませんが、とても重要な配線です。
詳しくは、記載しませんがエンジンがかからない方、かかりにくい方、ご相談ください。
きっとご満足いただけると思います。

photo●A/C(エアコン)コンプレッサー

 エアコンは輸入車に限らず、車に限らず、壊れるもの。
せめてリビルトコンプレッサーにて出費の節約を。


photoエキスパンションバルブ

 米車ではオリフィスって呼んでた、部品瓜二つ。
同じもんでしょう。
構造的に詰まりそうですね。


photo●パワーウインドースイッチ

 ここが壊れると、当然窓が開きません。では窓が開いている時に壊れると、どうなるでしょう。
そうです!、閉まりません。雨は入るわ、鍵かけても窓開いてるわで大変です。しかしながらクルマは動く!、弊社に来てください。とりあえず窓は閉めてあげます。


photo●ヘッドライトスイッチ

 一部年式でリコール出てます。
リコール対象から外れた方は、実費です。
結構高いです。画像は中古品です。




photo●ETM 電子スロットルモジュール

 ちょっと前から、アクセルワイヤーが無い車が殆どになってきました。VWもベンツも皆そうです。電気的にアクセル→スロットルを制御するんですねーーー。壊れるんですねーーみんな・・・。何もワイヤーでいいじゃないかって思うんですが。ちなみにVOLVOはプログラムが必要です。何しろ中身カラッポで来ますから。ディーラー以外で交換させたくないのかな?。
2008年4月 弊社でもプログラム可能になりました!!。

photo●電動ファン

 台所用換気扇ではないです。この様な扇風機で、エンジンやエアコンコンデンサを冷やしてます。
そういえば、自宅で使ってる家庭用扇風機、去年壊れたなーーー。
仕方ないですね。

photo●シフトポジションセンサー 

 シフトのレバーをP−N−3-2-1 と動かした時に、ATミッションの所でコンピューターに信号を送るスイッチ。
壊れると、様々なことが起きます。
エンジンがかからなくなったり、スピードが出なくなったり。
ん・・MADE IN JAPAN ?

photo●フューエルフラップ ヒンジ

ガソリン入れる時、開けるフタのヒンジはプラスチックパーツ。
厚さ1ミリ、幅1.5ミリのツメが2つ。鉄製に出来ないものか・・。 
少しでも無理すると、ポキッといきます。(給油時フタは、必ず90度まで!)
安い部品なので、コーヒー代だと思ってご来社ください。

この間、直したのにまた壊れた!って言うお客様もいらっしゃいましたが、壊さないでください。

photo●車内温度センサー

 オートエアコンならば、当然車内の温度を測っていて、自動調整してくれます。
そのセンサーが壊れたら、アベコベですね。車内の空気を吸い込むファン付なので、埃も詰まります。

photo●ブレーキペダルポジションセンサー


 その名の通りの役目。
 メルセデスや、VW/AUDI、BMWはブレーキランプスイッチがよく壊れますが、VOLVOはコレが多いです。各メーカー壊れ方にも個性がありますね。

photo●グローブBOXリペアキット

 あり?、グローブBOXが開かない・・・。
コレ壊れてます。直し様にもこうなると大変!、そう簡単には開けられません。
しかしながら車は走るので、ご来社ください。


photo●ロアアーム フロント

 VOLVOの足回りブッシュは柔らか。
それは、まるでフレーム、アーム類を守るヒューズの様です。
切れたら交換しましょう。

photo●スロットルスイッチ

 アイドル不調、エンジン不調、こんな所にも原因が。

photo●エンジンマウント(V40)

 V40ってアイドルガタガタしますね。
これ交換ですごーく変わりますよ!。

photo●サスペンション/アッパーマウントブッシュ

 切れます、異音がします。
サスキットだけじゃダメなんですねーーー。基本ですね。


photo●ドアヒンジ

 ドアを開けると、バキッバキッ!。
許せん音が・・・。交換しましょう。


photo●AT ソレノイドバルブ

 走行不能・・・チェックランプ点灯。
コレだけで済めば、運が良い!。でも作業は結構大変です。

photo●ウインカーモジュール

 ライト消えない!ウインカー止まらない!どうするー!。
コレを交換です。しかしコレがまた厄介。テスターを持たない工場には何も出来ない時代が来ましたが、持ってても出来ない作業もあるんです。それはVOLVO特有のソフトウェアダウンロードという仕組み。他メーカーはプログラムをテスター内に入れてありますが、VOLVOはオンラインでメーカーから直接部品へ書込みします。工場の皆さん、どうする?。

photo●フォグランプ

 壊れるとかそんな事ではありません。フォグランプの無いV70に、純正のフォグランプを購入して取り付けても点灯しません。配線ももともと付いてるので、取り付けも難しいものではありません。何故でしょう?。 ディーラー専売のソフトウェアダウンロードという作業です。自動車各メーカー、我々のような業者へ情報公開を宣言していますが、実際は顧客の囲い込みを強めています。

photo●ブローバイタンク/ホース

 汚れが溜まり詰まります。詰まると大変ですよ。

photo●ABSコンピューター

 VOLVOといえばコレ!。96年あたりから2000年位までのVOLVOはもれなく故障するでしょう。しかーし!、直せるってのが最高!、普通ECUが故障して交換したら何十万ですよ。
交換不要で安く直せるってのは魅力的です。

弊社では、100個以上の修理実績あります。車両のお預かり不要!。

photo●A/C プレッシャセンサー

 このスイッチ、いろいろな現象を引き起こす問題の部品。
エアコン不調ならば診断してみましょう。

photo●ブロアファンレジスター

 VOLVOもやっぱり壊れるんですね。これが・・・。風が出なかったり、でたらめだったり・・・。
要注意です。
またまたALPS電子製ですね、福島県産かな?。


photo●フューエルポンプ

 あまり壊れない燃料ポンプ。
でもVOLVOの場合、壊れると高いんです!。
しかーーし!格安部品見つけ!。
BOSCH製 フューエルポンプです。

photo●ホイール ハブベアリング

 VOLVOのハブベアリングは要注意!。
ハブごとだから、高い!。でも減るもんは減る。

photo●インテークマニホールドセンサー

 2005年モデルあたりに多いトラブル??。これといった症状は無く、大気圧とインテーク内の負圧を比べるセンサー。症状は、エンジンチェックランプが点灯するだけ。
交換簡単!(ソフトウェアアップデート必要)

photoブーストプレッシャセンサー

 エンジン不調の一因。ターボのブースト圧を測っています。
チェックランプ点灯しますのでテスター診断しましょう。


photo● マイクロスイッチ

 何のスイッチでしょう。よく壊れる所です。
不便です。安いです。直しましょう。


photo●エンジンマウント セット

 アッパーがよく切れるので上記にありますが、更に進行するとロアー側も痛みます。
末期症状はひどいもんです。ガタガタ、ゴゴゴゴ、直すしかないでしょう。

photo●O2センサー

 古いVOLVOではエンジンマネージメント上でO2センサーが大役を担っています。
エンストまでする事もあります。
DENSO製です。日本製です。DENSOは直販しないんです。ボッシュならばOEM供給して激安なんですが、DENSOは堅いのか、メーカーを通して販売する為にどうしても高くなってしまいます。何とかならないものか・・・。(何とかなりました!)

photo●エアダクト

 エア漏れといえばここでしょう。

photo●バキュームライン

 あの困ったチェックランプ・・・消しても消してもまた点灯。
直すとなったら、しっかり直しましょう。古くなると本当にあちこちからエアが漏れるんです。
エア吸いによるエンジンチェックランプ点灯はしっかり直しましょう。

photo●水温センサー

 定番すぎて紹介忘れてました。ケーブル付き、無し、燃料調整の為にエンジンの温度測ってる体温計です。冷間時は燃料を濃く。熱くなってくると燃料を薄く。基本制御です。

photo●インジェクションリレー

困ったエンスト、1ヶ月に一度出るか出ないかの症状・・・。
疑ってみて間違いなし。

photo●ナックルストッパー

 タイトコーナーで段差越えると、ギコギコ。いつの間にか減ってます。新しいモデルも形が違えど付いています。減ってくると逆にステアリングの切れも良くなりますが、タイヤハウスにタイヤが接触してしまいます。安いんで交換しましょう。

photo●ヒーターコア&パイプ(Oリングキット含む)

 850程の年式になると、ヒーターコア本体から水漏れします。
漏れると、室内は冷却水で濡れてしまいます。

photo●マフラーハンガー V70

 V70のリアマフラーパイプ、ステーがサビて折れてる・・。
マフラー毎の交換?。
いいえ、これを付けて直しましょう。


photo●エキゾーストマニホールド ガスケット
 
 フラッグシップモデル”R”や、ターボ車に起こる様です。排気漏れで異音。これではまともに過給出来ないですね。
交換作業はそれなりに大変です。

photo●クランクセンサー

 古めのVOLVOといえば、クランクセンサー故障。
エンスト、いろいろ原因ありますが、3割位でコレ。


photo●CEM セントラルエレクトリックモジュール セム (V70 XC90)

症状的に、またいつものABS故障か!と間違えそうな故障です。
2002以降は、ABSモジュールではなく、このCEMが怪しいです。
壊れると給料が吹っ飛ぶコンピューターですが、弊社で修理法を開発しました。
症状にもよりますが、治せる可能性あります。
内部パーツ取寄せ、加工で時間はかかります。(画像は分解した状態)

定番修理になりつつあります。

photo●トランスミッションスピードセンサー

 シフトショック等、診断機で判明出来るトラブル。
同業者の皆さん、故障パーツを、画像付きで説明してあります、問合せは極力遠慮願います。

photo●フューエルポンプリレー

 たまにエンジンかからない。

車預かっても全く症状が出ない。

とりあえず交換してみよう、今の所連絡無いからOKかな?。

燃料ポンプを動かすリレーです。

※リレーばらして見たらハンダ割れてました。


photo●ヘッドライトリペアキット (V40)

 EU車のお決まりといえば、ヘッドライトの光軸調整不良。

内部のパーツが割れたり、折れたり。

殆どのメーカーがASSY交換の中、良心的なリペアキット。

 

photo●パワステタンク

 小さな小さなタンク。
でもとても大切な役割してます。
安いので交換しましょう。


photo○ステアリングアングルセンサー

 トラクションシステム異常、タダチニ・・・。
そんなに焦らないでいいです。ステアリングの角度を測ってるセンサーです。
VOLVOに限らず、壊れます。

photo●燃料タンク、ホース

 ガソリン入れると漏れるー。
ホース交換しましょう。

photo●チューナーパック
 
 2007年クラシックから、純正オーディオ(三菱電機)の生産国が変わり、AMラジオ壊れます。
でもご安心を。
三菱電機製オーディオは国内でリペア出来ます。
今度は日本製かな?。
ボルボは良いなぁ、ベンツやBMW(最近のAUDIも)ではオーディオ修理で何十万もかかるのに、安く直ります。


photo●ブレーキプレッシャセンサー1/2

 エンジンルームブレーキパイプに仲良く2個付いてます。
ABSチェックランプ点灯します。
意外に高いので、様子見たほうが良いです。
リセット後に再発しない場合も多いです。



photo●アクセラレーションセンサー XC70

 オプションの可変サス付きのボルボだけ見舞われるトラブル。
サスペンションの垂直方向の動きを見てるセンサー。
大概、この手のセンサーは高い・・・やはり高い。
ボルボは、シンプルな仕様を選びましょう!。


photo●エアバックECU

 VOLVOは故障少ないなーなんて油断してると、来ますね。
残念だなー。

photo●クランクセンサー

 あまり壊れないです。
箱に見えるは、メイドインジャパン! DENSO製です。

photo●ウインカーレバー

 V70で発生する可能性多いです。
ALPS製、福島県内にも多い企業です。
直接、譲ってくれたら安く済むんですけどね・・・。

photo●GSM 
 
 ギアセレクターモジュール
滅多に壊れませんが、壊れない事も無いです。


photo●シフトレバー シールド

 色々な車でよく壊れる所。
VOLVOは隙間からモノが落ちないようにする以外に、もう一つ大切な役目が。
こうして実際に部品見ると、ピンと来ますね!。



photo●キーシリンダー

 V70 XC90 S60 突然キーが廻らなくなる。
メーカーでも指定の対策出してますが、全くダメ・・・。
弊社で簡単に出来る対策を開発致しました。
弊社から遠い場所で起こると、キーシリンダーASSY交換で多額の修理代が・・・。
自社販売車両は車検/点検で順に対策してます。
費用は、\6000で、安心!。

photo●エアコン マグネットクラッチ

 気まぐれ、もしくは全くエアコンが効かない。
ご相談を。


photo●フューエルプレッシャーセンサー V70

 なかなかトラブルコードが入らない場合、苦労します。
空燃比が薄いとか濃いとかだけのヒント。
修理技術、永遠に勉強は終わらない。


photo●マスターバック

クルマは進化しても、変わらないブレーキの倍力装置。
あまり壊れた事が無いですが、各メーカー、稀に。
マスターシリンダーの漏れが原因だったり。
シューシュー音出たり。
稀ですが、忘れた頃に交換してますね。




?????$B!x(B?????s?????$B"L(B 4-22(???J???????_????)